京つう

  グルメ・スイーツ・お酒  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年07月02日

超満腹!@ビストロ・ボンモルソー

久々にボンモルソーでディナーです♪
仕事でちょっとお世話になったメンバーをご接待の名目でお邪魔しました。
プリフィクスコースにして、3種類を少しずついただくことにしました。

スパークリングワインをグラスでいただいたら、おつまみの形でこんなのが出てきました。サラミ、生ハム、ツナペースト?&オリーブ。ワインにはピッタリという感じですね☆

前菜1品目はホロホロ鳥とフォアグラのテリーヌ。
このお店の定番中の定番かもしれません。やわらかいけどぎゅっと詰まっている具材が絶妙のハーモニーを醸し出しています。

前菜2品目はポテトと鯖のテリーヌ。
鯖がフレンチに出てきます!肉厚で美味しいです♪

前菜3品目はブータンノワールソーセージ。完熟リンゴとポテト。
前に食べたときはちょっと独特の臭みを感じたのですが、今日のは全然違和感無く、なかなか味わえない食感を楽しむことが出来ました。散りばめてあるリンゴとポテトが良い香りとソフトな食感でサポートしてくれています。

メインの1品目。牛肉のタルタルステーキ。いわゆるタタキですね?
もっちりした粘りを感じる反面、使っているお肉の新鮮さをしっかり味わうことができます♪

これもこのお店の得意料理の一つでしょうね!
牛ほほ肉の赤ワイン煮込み、マッシュポテト添え。
口に入れるとホロリと溶けてしまいそうな柔らかさまで煮込まれています。

メイン3品目は豚肉のローストキャベツ載せ。
見た目のボリュームでまず圧倒されます!
初めて目にしたメンバーは絶句していました(笑)

デザート前にお口直しとして提供されるブルーチーズ。
濃厚です☆☆☆ 

デザートはお約束の盛り合わせ♪
ココナツのブランマンジェ、マロンクリームのタルト、ショコラにバニラアイス、クレームブリュレ、プリン。5品がこれでもか!という感じで迫ってきます☆

全て完食!!
3人とも胃の部分がぷっくりと膨らんで引っ込まない状態でお店を後にしました(苦笑)
いつもながら満足したディナーでした♪  


Posted by sadaman at 00:14Comments(0)フレンチ

2009年03月26日

レストランAILES

本日は同じ部署で頑張ってきていただいたパートさんと派遣さんの送別会ということでAILESを訪問。
定休日にも関わらず、快く受け入れてくださった太田さんご夫妻に感謝!!
飲み物を含めて料理メニューもおまかせでお願いしました☆

前菜一品目はベーコンのキッシュとわかさぎのフリッター、ブランダードというペースト。ほんのり温かくて食欲をそそる出だしです♪

二品目は海の幸のガトー仕立て。ズッキーニ他の野菜との彩りきれいなマリネ。
これだけきれいに重ねるのは手間もかかるし大変ですね(苦笑)
こういう細かい飾り付けが出来る人をうらやましく思います!

フォアグラのフランときのこのスープ。フォアグラが刻まれて玉子蒸し状(茶碗蒸し状?)の中に入っています。スープは鴨などから採っているそうです。素直に美味しい!!

メインは鴨フィレとフォアグラの香草オーブン焼き?
底の部分にはマッシュポテトやかぼちゃ、ブロッコリーなどが敷き詰められています。じわじわと満腹になってきました☆

デザート盛り合わせはブランマンジェ、タルト、フォンダンショコラ、桜風味のジュレ、イチゴのスライス。彩りもきれいですし、フォンダンショコラはいつ来ても美味しい♪ここの名物みたいですね☆


お別れするメンバーへの花のプレゼント。なかなかシックな色合いですね!

とても素敵な2時間を過ごすことができました☆
出席者も満足してくれました!
口内炎に悩まされながら、頑張ってサービスしてくださったマダムに感謝です☆☆☆  


Posted by sadaman at 00:37Comments(0)フレンチ

2009年03月21日

ビストロ・ボンモルソー

本当に久しぶりにビストロ・ボンモルソーをランチで訪問しました☆
頻度が少ないのに、予約の電話を入れた時に、ちゃんと名前を覚えていてくださったことがとても嬉しかったです♪
13時前にお店に入ったときは、私たちの予約席以外は既に埋まった状態で相変わらず繁盛していました!
そんな忙しさの中にもかかわらず、これまでと同じく温かく迎えてくださる姿勢も大好きです☆
前菜はサバのフレークとジャガイモとベーコンをまとめたやつ(苦笑)

こんな形で出てくrとはイメージしていませんでした。きれいな切り口、どうやって作っているのかすごく興味を感じました。
サバはぜんぜん臭みが無くてジャガイモは割りと薄味でベーコンの塩味がアクセントになるくらいで、全体に上品な味わいに仕上がっています。ただ、ボリュームはありますねぇ!

私が選んだメインは米沢豚のロースステーキと芋のピューレ。
しっかり身の締まったお肉ですが、それでいてしっかり柔らかい。
お芋の名前を忘れてしまいましたが、ちょっと珍しい品種だそうです。ほのかな甘さを感じるお芋でした。

奥さんのメインはスズキのポアレ。
身がホクホク柔らかい!

娘が選んだメインは子牛のステーキバターライス添え。
表面しっかり、中はミディアムレアで柔らかくて美味しい☆
いずれのメインも味付けの濃厚さは影を潜めて、どちらかというとソースよりも素材本来の味わいを引き出したい料理になっていました。
ボリュームは相変わらずガッツリ系です!

本日のデザートはプリン。
これまた美味しい♪
甘いものは基本的に苦手な娘が「これ美味しい!」と一番最初に食べ終わる状態でした☆
奥さんのお話では、ディナーのときのデザートでは、大きさがこの倍になるそうです!
近いうちに絶対ディナーに行くぞ!と決意を新たにした次第です(^^;)
写真は撮るのを忘れましたが、ワルダーのパン、相変わらず美味しくて、お代わりのサービスをいただきました♪

唯一残念だったのは、ランチメニューの選択肢の中で、基本料金(1680円)で選べるものは前菜、主菜ともに1品ずつしか無かったこと・・・。あとはいずれも追加料金が必要でした><
まぁ、コストパフォーマンスを考えれば、1680円の設定そのものが安すぎるのかもしれませんが。
たぶんディナーの方がお得になっているかも??
人気店になっていますが、ぜひこれからも頑張って欲しいと思います☆  


Posted by sadaman at 00:45Comments(0)フレンチ

2009年03月06日

コフレ・ダミティエ

今日は部署のメンバーとの会食。
場所は東洞院三条下ルの「コフレ・ダミティエ」。
女性シェフが一人で切り盛りしておられるお店です。2年ぶりかなぁ?
3000円のコースでいただきました。

前菜1品目はエスカルゴのクリームソース。
可愛い器に入ってきました☆ソースがとても美味しい!エスカルゴも柔らか♪


前菜2品目はサーモンとクリームチーズのクレープ包み、ほたるいかと自家製ハムのサラダ添え。クレープの中には角切りにされたサーモンやチーズ、きゅうり、アボガドなどが入っており、様々な食感が楽しめます。ほたるいかもしっかり主役!ハムも良いアクセントになっています。


野菜の豆乳スープ。かぶらの摩り下ろしたものが入っていて、ぶつぶつの食感が心地よい一品でした。すごく胃にやさしい味わいです。


私が選んだメインは「もっちり豚のベーコン合わせ?」豚肉とベーコンの間には大葉が入っています。ゆでたジャガイモが美味しかった☆


お向かいさんのチョイスはフォアグラと野菜の盛り合わせたもの。柔らかそうでした。


お隣さんは鶉鳥の肉詰め。なかなかのボリューム感がある一品です。


反対側のお隣さんは真鯛のブイヤベース。海鮮類がグツグツいいながら出てきました!

どれも皆美味しそうです!本当は一口ずつ食べてみたかったけど、遠慮してしまいました・・・。


今週はじめがNさんの誕生日だったので、お店に事前にお願いしてバースデーケーキのサプライズ演出♪


取り分けていただくとまた違う雰囲気に仕上がりますね!
京豆腐のティラミスとしょうがのブリュレ。食べ応えありますが、それでもたぶんヘルシーな料理ですね☆


入り口の窓に可愛い招き猫がいました♪


予約して行ったので、帰りにお土産をいただきました!
やさしいパウンドケーキでした☆
これもシンプルですが美味しかったです♪

お一人でやっておられるので、料理と料理の間が少し時間がかかりますけど、掘りごたつでくつろぎながらすごす時間はとても癒されます!

ミディ・アプレ・ミディのまん前のビル1階の奥にあります。
ハーブや野菜をたくさん使ったとても体に優しいフレンチだと感じました。

余談ですが、帰りにウッカリしてカメラを踏んづけてしまったら、液晶画面の6割が割れて大変見えにくくなってしまいました・・・!
買い換えたいけど、我が家の大蔵省、許可してくれないだろうなぁ(苦笑)  


Posted by sadaman at 00:47Comments(0)フレンチ

2008年12月20日

忘年会@レストランessen

職場の忘年会を烏丸仏光寺近くにある「レストランessen」で行いました。移転前は2度ほど訪問したことがありましたが、引越しされてからははじめての訪問でした。ずいぶん雰囲気よくなっています☆
メニューの構成は以前とほぼ同じだと思います。
本日は女性が大半だったので、3990円(税込み)をチョイス。
前菜が5品とスープ、メイン、デザート2品というコースです。
1品目。

可愛い器にちょこっとずつ・・・。にんじんのムース。湯葉豆腐。まぐろのとろろがけ。鴨ロース。イカの和え物?


2品目は白身魚のカルパッチョ。


3品目はかに身と野菜のクレープ包み。巾着の上部と下部の食感の違いがなかなか良かったです☆


4品目は手長えびのバジルソースがけ。ぷりぷりで甘かった♪


5品目は帆立と白身魚のすり身。だしというかスープというか、良い味出しています☆☆


かぶのスープ。やさしい味わい。ほっとします。


牛フィレステーキしょうゆベースの和風ソースがけ。付け合せは京野菜?さといもの素揚げがホクホクで美味しかった!ねぎも甘かった!


デザート1品目は、イチゴのジュレとイチゴのジェラート、イチゴ添え。イチゴ尽くしが最高です!それとクレームブリュレ。ちょっとずつですが、それが良いのかも・・・。


デザート2品目。りんごのタルト。グレープフルーツのジュレ。ロールケーキのクリームソースがけ。ベリーのムース。この2品目のデザートが出てきた時は、女性陣ほとんどが感激!全員完食はすごい☆


25日が誕生日の女性にサプライズ企画☆
事前にお願いしておくと、このようなサービスもしていただけます♪
13名全員が一口ずついただきました☆生クリーム美味しかったです♪

全体に少な目のポーションですが、品数が多く、そこそこの間隔があくので、最終的にはしっかり満腹感を感じることのできる構成でした☆
ワインをフルボトル4本飲んで一人5,000円以下で済むのは、厳しい財政事情の中ではありがたいコストパフォーマンスです☆
明るい女性スタッフによる、てきぱきしたサービスも好印象でした。
流行っているのも良くわかります。満足できた1日でした!  


Posted by sadaman at 01:08Comments(0)フレンチ

2008年12月14日

シトロン・サーレでランチ081213

今日は歯医者さんでの治療の日だったので、街中でのランチにチャレンジ☆
久々にボンモルソーに行こうかな?と思い電話したら、予約で満席とのこと・・・(悲)
市場より南に行く方が入れる確率は高いと考えて室町仏光寺近くのシトロン・サーレに目星をつけて訪問。
2階のカウンター席が運よく空いていました♪
数種類あるランチメニューからCランチ(日替わりカレーがメイン)をオーダー。

最初のスープ。野菜のエキスがしっかり感じられ、塩味の効いた味わいでした。
惜しむらくは、この器だとスプーンでは最後まで飲み干しにくい・・・。手で持って飲んでしまいたい感じでしたが、周りのお客さんの視線もあるので上品に最後を少し残してしまいました(苦笑)


ワンプレートに載ってやってきました☆
野菜たっぷり!半熟卵がおしゃれ♪
でも、これカレー?! って第一印象で感じてしまいました。
ほとんどカレー色?していないし、ミンチと青物野菜が炒めてあるだけのように見えるんです。が、食べてみたらちゃんとカレーです!こんなのは初めて食べました♪
ライスのボリュームが見た目以上にありました。これはうれしい誤算でしたね☆


コーヒーが出てきたときに、お隣のおば様がデザートをオーダーしているのを見て、私も行っちゃいました!!
塩キャラメルのロールケーキ。色が変ですみません・・・^^;
やや固めのスポンジ部分、フォークだけではなかなか切り取りができずに苦労しました(汗)
クリーム部分の味わいの中に確かに「塩」が感じられます。でもちゃんと甘さも感じられる不思議な風味が良いですねぇ♪

後から来た方がオーダーした「キッシュ」のランチが美味しそうでしたので、次回はそれも食べてみたいと思います。

ただし、土曜日のお昼時のせいなのか、このお店の志向のせいなのか、食べ終わって精算するときに2階フロアは満席でしたが、男性は私一人だけでした><
ちょっとだけ恥ずかしかった・・・今度はカップルで行こうかな(苦笑)  


Posted by sadaman at 01:17Comments(0)フレンチ

2008年12月06日

ル・ピニョン(西天満)

大東事業所に転勤した友人との西天満エリアグルメツアーの2回目を実行。
今回のお店は今年6月にオープンしたばかりの「ル・ピニョン」というかわいいフレンチのお店です。
天神さんから2筋東側に行くだけで、人のとおりが極端に減って本当に「穴場」といえそうな場所にあります。
夕方はアラカルト方式とのことで、今回はややヘルシーに魚介類をメインにチョイスしました☆

前菜の一つ目「魚介類のサラダ」
タコ、イカ、エビ、ホタテ、アナゴといった魚介類と、シャキシャキした食感の野菜がたくさんのサラダ。ほのかな香りが印象的なオリーブオイルメインのドレッシング。

前菜2品目は「田舎風パテ」
同じ名前でもお店によってずいぶん違いますね。
ここのはやや分厚くて、全体に粗めの肉の感触があります。付け合せの野菜が全体に固めです。歯ごたえがあって好ましいといえばそうなんですが、2人で分けるときには苦労しました・・・。


自家製のフォカッチャ。1人2個ですが、結構ボリュームありました。


メイン1品目「魚介類のグラタン」
少し甘めのクリーム系ソースがとてもおいしく感じました☆
ちゃんと2人分入っていて、取り分けのときにけんかしなくても良い気配り!パンがこの時点で無くなりました。
そして既に腹八分目を超えていました・・・(汗)


ダメ押しのようにドドーンと来たメイン2品目の「白金豚と野菜のココット」
素材のうまみが染み出したスープがありましたが、パンがなかったので、全部飲むことができませんでした。残念!
これもボリュームありましたねぇ・・・。

デザートは別腹、ということで

クレームブリュレ(私のオーダー)
このブリュレも大きい!


ジェラートとムースの盛り合わせ(友人のオーダー)

お腹一杯で大満足☆
グラスワインを1杯ずつ飲んで、全部で1万1千円ちょっと。
なかなかのコストパフォーマンスですね。
最後までわれわれ2人だけの貸切状態でしたが、友人曰く「何組かのカップルが中を窓から覗き込んでいたけど・・・」の謎が、帰り際に判明!!
実はマダムさんが、入り口の札を「CLOSE」のままにしていたんです(苦笑)

私たちが帰るときにご夫婦で見送ってくれてたんですが、背中方面から「ごめんなさい!」というマダムの声が聞こえていました。ご主人のシェフに謝っていたみたいです^^;
最後にほほえましい?!ハプニングで今日のディナーはお開きに。

次回の西天満はイタリアンにチャレンジしようと思っています☆(既にめぼしをつけていますので♪)  


Posted by sadaman at 02:28Comments(2)フレンチ

2008年11月06日

ビストロ・スリージェ081105

転勤して他の事業所に行った元部下(同僚?)と久しぶりにディナーに行きました!
行き先は出町柳駅近くのビストロ・スリージェ。いろいろな人のブログでガッツリ系フレンチのひとつとして評価されているお店に初訪問☆
かわいい扉を入って、一番奥のカウンターに案内していただきました。
高いカウンターなので、厨房の方と直接会話をするのはしんどい=身内だけの会話はしやすい、という作りになっています。
アラカルトで前菜2品、メイン2品を選ぼうとしたら、マダムが「うちはボリュームがあるので、よほどの自信がなければ厳しいかもしれませんよ?」とご忠告をいただきました。デザートまでを美味しくいただきたかったので、アドバイスを受け入れて、前菜1品、メイン2品に変更!
前菜は蟹と帆立の温製ムース舞鶴産ずわいがにのビスク添え。

ムースの部分の食感も新鮮でしたが、感激したのはビスクの濃厚さ!
お皿を嘗め尽くしたいくらいの美味しさでした♪

メイン1品目はシュークルート。

これもほろほろ状態のお肉やとろとろベーコンがたっぷり!
自家製ソーセージもとても良い歯ごたえと味わいでした。

メインの2品目は豚足のフォアグラ詰め。

出てきた瞬間、2人で絶句してしまいました!
お互いに譲り合いながらの食事・・・(苦笑)
噂以上にすごいボリューム。しかし一つ一つの料理は味もしっかりついており美味しい!
予約で満席になるのが実感できました☆

がんばってオーダーしたデザート。

私のはチョコレートケーキ?とナッツのアイス。
これも濃厚なチョコの味わい!生チョコみたいな感じです♪
コーヒーがブラックで十分!!

相方のデザート。

ブランマンジェとキャラメルアイス。
アイスがキャラメルしています☆
2つを一緒に食べると美味!!

ハウスワイン500mlを頼んで全部で9660円!
少し離れた場所にありますが、ぜひぜひまた行きたいと思います♪  


Posted by sadaman at 00:48Comments(0)フレンチ

2008年09月06日

シトロン・サーレ

今日は朝のうちに歯医者さんへ行き、虫歯の治療をしていただきました。
ランチはシトロン・サーレで食べようと決めていたのですが、あいにく麻酔をかけられての治療だったので、お店で食べるのを諦めて、テイクアウトの惣菜を買うことにしました。


ぱっと見た目は営業しているのか閉まっているのか判りません・・・。

会社に行って、麻酔が切れてきたのを見計らって食べました☆

惣菜はラタトィユを選びました。やわらかそうで歯にもやさしいかな?と思って(苦笑)

パプリカ、なす、たまねぎなど、しっかり味がしみこんで期待通りやわらかく、お腹にも優しい感じでした♪


もう一つはこんな箱に入れてくださいました。1個だけなのに・・・。

ブルーチーズとたまねぎのキッシュ。
商品説明に「くせになる味です!」と書いてあったのに引かれて購入!
保冷材でちゃんと冷えた状態を保たれていたので、それほど臭いも強烈ではありませんでしたが、たしかにブルーチーズの独特の風味が漂ってきます・・・でも美味しい!! 1個550円はお値打ちかも☆と感じてしまう一品でした。

そしてそして・・・。

これは歯医者さんに行く前に「FLIP UP」にて購入したタンドリーチキンサンドです。ラタトィユなどと一緒に食べました。レタスたっぷりで、ピリ辛チキンとナンとフレッシュレタスをかぶりつき!! すごくあっさりしていてパクパクいけてしまいました(笑)
FLIP UPについては、今晩更新します☆(まだ食べていないものの方が多いので・・・^^;)  


Posted by sadaman at 19:29Comments(0)フレンチ

2008年07月10日

オステリア・バスティーユ

今日は25日で退職してアメリカに語学留学する部下との、少し早目のプライベート送別会。
改装して間がないオステリア・バスティーユさんへ行きました。
本当にお店全体にゆったり感が漂っていて、前とは雲泥の差?!
席数も増えているのに、かなり繁盛しておられました。このお店も
勢いがありますね☆

今日はあらかじめ「お任せコース」でお願いしてました。
前菜はパルマ産生ハムとラタトィユ半熟卵乗せ。

卵をつぶしてラタトィユと一緒に食べます。ずいぶんマイルドな味わいになります。

パスタはズワイガニとズッキーニのクリームソース。

カニがたっぷり! やや細めのパスタとよく絡み合って美味しい☆
ぜいたくを言えばズッキーニにもう少しシャキシャキ感が残っていれば良かったと思います(生意気かな・・・?)


メインは豚ロースの香草揚げ?。下にはレンズ豆の煮込みとバルサミコソース。パンでしっかり最後まですくって食べました!


デザートはクレームブリュレ。
相手方のデザートには、お店にお願いしてメッセージをつけていただきました☆

この手のメッセージは、他のお店では経験したことなかったので、ちょっと新鮮でした。(お店の方へ:わがまま聞いていただいてありがとうございました♪)

パンはいずれも自家製。フォカッチャは昔食べたのと同じ風味。香草の風味が効いたパンです。個人的には丸いほうが好きでしたが、どっちも美味しかった!


お店の方の一生懸命さが、ひとつひとつの所作にも感じられて気持ちよくなります。
最後はシェフ(ご主人)までドアの外に出てお見送りいただきました。
ありがとうございました!!
ポーションは全体に少なめですが、女性や若年層にも受けるお店作りを目指していると感じました。かなり前向きにいろんなことに取り組みそうなお店です。
またしばらく間をおいて行ってみたいです。

  


Posted by sadaman at 00:47Comments(2)フレンチ

2008年07月07日

七夕デート☆(ランチ)

今日は蛍さんと七夕デート!
ランチはビストロ・ボンモルソーにて・・・
前菜は

私のチョイスは鯖の燻製フレークと野菜のガレット。
鯖のフレーク、燻製にしてあり、臭みはまったくありませんでした。
これははじめての味わいです。


蛍さんはトマトの冷製スープ。とってもさっぱり、涼しさを感じるのに、コクもあるスープです。これもおいしい!


メイン。生ハムとチーズのそば粉クレープ包み。
見た目はちょっと少ない感じ、でもチーズの濃厚さに生ハムの塩味?がアクセントになって、かなり食べ応えがありました!
何でもフランスで食べたチーズの風味が忘れられなくて、気に入ったチーズを入手してようやく実現したメニューらしいです。せっかく聞いたチーズの名前忘れてしまいました。ごめんなさい・・・(泣)


蛍さんは子羊の煮込み。
じゃがいもほくほく、にんじん甘く、子羊柔らかホロリ!
ボリュームありましたが、見事に食べきりました!スゴイ♪



デザートは、私がグレープフルーツのブランマンジェ。
周囲のジュレがグレープフルーツ風味。
器が涼しげで可愛いですね☆


蛍さんはクレームブリュレ。
お約束の味、という感じかな?焦げ目の苦味がアクセントになっており、甘さもしつこく感じません。

つかず離れずという、いつもながらの奥さんのサービス。
いやみのない受け答え。平日にもかかわらず、けっこう賑わっているのも納得ですね!
蛍さんにもご満足いただけたかな?と思います。  


Posted by sadaman at 21:59Comments(2)フレンチ

2008年06月06日

ビストロ・ボンモルソー0806

今年2回目?のボンモルソー訪問。
今回もガッツリを期待して・・・



大好物田舎風パテドカンパーニュ。
これを食べると胃袋が前回オープン信号を発信します☆



野菜のポタージュ。やさしい味ですが濃厚!!
あっという間に飲み干しました!



メインは豚肉の赤ワイン煮込み。まさに骨太の一品☆
ゼラチン部がとろとろ!ソースが濃厚なんですが、しつこく感じません。
パンを使ってきれいに食べきりました♪



ブルーチーズ。独特の匂いと風味。くせになりますね・・・。



せっかくのデザート写真がピンボケですみません・・・。グレープフルーツの
ブランマンジェ。クレームブリュレ。タルト。チョコレートケーキにさっぱり系の
アイスクリーム。ビスキュイ。もう1個なにかありました(苦笑)

この他に写真はありませんが、おまけにダックワーズを1個ずついただきました♪
本日も大満足のボンモルソーでした!  


Posted by sadaman at 00:48Comments(2)フレンチ

2008年03月11日

レストランLANNION

前から一度訪問してみたかった丸太町のレストランLANNIONへ行ってきました☆
5年間一緒に仕事をしてきた部下が異動で転勤することになったため、ディナーに
ご招待したものです。
入り口から室内まで全体が上品なピンク系のカラーで統一されています。
メニューはフルコースをオーダーしたものの、食べることに気をとられて、半分しか
写真が撮れませんでした・・・。
はじめは「エスカルゴのガーリック炒め」、続いて「海の幸とホワイトアスパラガス
サラダ」ホタテやウニを使った贅沢なサラダでした。



「さやえんどうのポタージュ」とてもマイルドなやさしい味わいです☆



パンは自家製とのこと。お変わりも自由のようです。



次にひらめのポアレ、ナスのピューレがソースとしてついていましたが、
これまたすごく優しい味わいでした♪(写真なしですみません)

そして「国産牛肉の胸腺部ステーキ」



想像していた食感とはまったく異なるやわらかさ!

そしてデザートは清見オレンジのジュレ、アイスクリーム、チョコレート
ケーキの盛り合わせ。

全体に体に優しい料理を提供することを心がけておられるのでは?と
感じるほど、いずれの味付け(風味)も控えめです。
素材本来の甘さや風味を活かす方針のようです。

細やかなサービスを心がけてくださる奥様の存在が大きなウェイトを
占めるように思いました。
ぜひまた伺いたいお店です!!






























































  


Posted by sadaman at 01:04Comments(1)フレンチ

2008年02月04日

ビストロ・ボンモルソー(今年初)

娘の卒業式用の袴レンタルの下見会のため、京都の町まで出てきたので、ランチをということになり、急遽ボンモルソーに電話をしたら運よく空いていましたface05
ランチメニュー、久しぶりのせいか、依然とはかなり構成が変わっていて迷いましたが、私は前菜で蕪のポタージュ、主菜で本日の魚料理(ホタテと牡蠣と魚のトマトスープ煮込みラビオリ載せ?正確な名前を忘れましたicon10)、デザートにココナッツのブランマンジェをオーダーしました。

スープはお腹が空いていてすぐに食べ始めたので、写真が取れませんでした・・・ICON44
主菜も食べ始めてからあわてて撮ったのでちょっと端っこが欠けています。



すごく優しい味の料理でした。もっとこってりしたものを想像していましたが、ホタテも魚も牡蠣もやわらかい風味のスープの味がしみこんで、野菜の甘さと一緒になってスーっとおなかに収まりました。
ラビオリを一緒に食べることで余計にマイルドさが感じられたのかもしれません。初めて食べましたICON61



このお店のブランマンジェは私の大好物ですICON60奥さんが愛情をこめて一生懸命作っていることが感じられるデザートですが、その中でもこの崩れそうで形を保っているやわらかさのバランスが食感にも感じられて美味しいんですICON63



今日は今年初めてだったからか、家族3人で訪問したからか? 
デザート大好きの私にサービスで砂糖菓子を出していただきました。これもぜんぜん手抜きなしで、下の台がしっかり冷やされてましたICON65

いつ訪問しても温かいもてなしと気配りを感じさせてくれるこのお店は、やはり私のお気に入り№1のお店ですICON59
人気が出すぎて予約が取れなくなるのはいやですが、今までどおりそこそこ繁盛しながら頑張って頂きたいですface02
  


Posted by sadaman at 01:31Comments(2)フレンチ

2007年12月06日

ビストロ・ボンモルソー

ほぼ3ヶ月ぶりに「ボンモルソー」行ってきましたICON61
お腹が空いていたこともあって、スパークリングワインと前菜もスープもメインも写真を撮る余裕もないままに、食べ進んでしまいましたICON44
料理の名前が難しくて(フランス語?がよくわかりません)、正しいメニューが覚えられませんが、前菜は「帆立本来の食感を良く残された料理(野菜たっぷり!!)」でした。スープは「カボチャのポタージュ」、メインは「三陸豚?のステーキ」
そして、その後に最近はコース料理に付けているという「青かびチーズとプルーンの一皿」ものすごく濃厚なチーズで、口の中からしょっぱさとカビの混じった風味が染み出て来ましたicon10
初体験の味でしたface08

仕上げはデザート盛り合わせICON59

早く食べたくて、あわてて撮ったのでボケボケですみません・・・。
洋ナシのタルト、生姜入りブランマンジェ、濃厚なチョコレートケーキバニラアイス乗せ、ミルフィーユ、クレームブリュレ。
前々からのリクエストをしっかり覚えていてくださって、スペシャル盛り合わせでした♪
大満足のディナーでしたICON65

クリスマスの特別メニューは23日・24日の2日間のみで、一人6,500円ととてもリーズナブル!!
行こうかどうしようか、ちょっと迷ってますICON47icon11
  


Posted by sadaman at 01:18Comments(2)フレンチ

2007年09月14日

レストランパリビス

パリBis、Pari Bis、正式なお店の名前を忘れました・・・。
河原町通二条通交差点を西に入ってすぐ、河二ガレージの2階です。
こう書くと、グルメな人には「あれっ?それって昔の・・・?」ピンポンface02そうです♪私のお気に入りのお店「ボンモルソー」が在ったところですicon06
本当にお手ごろな価格でフランスの家庭料理を食べさせてくださるお店として、かなり流行っているような気がします。
ご主人は日本人(大阪でお店をしておられた?)、奥様がフランス人の仲良しご夫婦のお店です。
奥様、日本語とっても上手ですのでご安心ください☆
前回訪問したとき、話が弾んで居座ってしまっていたら、なんと奥様「すみませんお先に!」と帰ってしまわれました。残ったのは私たちとご主人のみ・・・。出口の鍵が複雑とかで、下までお見送りしてくださったシェフに感激です!!
ぺちゃぺちゃ話しながら飲んで食べて、一人当たり4000円以下!
多分飛び込みでもあたたかくお迎えしてくれますよ◎
「ボン・ソワール!」なんちゃってicon28ICON153  


Posted by sadaman at 00:11Comments(0)フレンチ

2007年09月08日

夜のガスパール

「夜のガスパール」(ガスパール・ド・ラ・ニュイ)へ行ってきましたicon28
狭い階段を地下1階へ・・・、そこには本当にこじんまりした空間がありました。
たぶん14席~16席くらいしかないのでは?私たち2人は入り口横のカウンターに座ったので、奥のほうは良く見えませんでしたが、2号店のzinzinより狭いと思います。
ココット料理の意味がよくわかりませんでしたが、いざオーダーして納得ICON65なんとココット鍋ごと出てきました!しかも鍋敷きがお茶目で「豚肉のココット」のときは豚の形をした敷物が、「牛肉のココット」のときには牛?の形に近い敷物が置かれるのですface02
スープ(2人それぞれ違うもの「温製」「冷製」)、サラダ(3種類のドレッシング付)、フライドポテト(山盛り!)、メインのココット(鍋でドーンICON35)、パン(2種類)、デザート、コーヒーで一人3,900円は大満足ICON59
ワインを少し飲んでも2人で1万円でおつりがきましたよ☆
シェフさん曰く「ウチのグループはメイン料理のボリュームが売りですから♪」
豚肉のほうが少しチャレンジング?な気がしました。「豚の血のソーセージ」「豚の耳」などがしっかり入っていて・・・。美味しかったけど、多分冷えたら食べられなかったかも。
牛肉の赤ワイン煮込みの方は、「タン」「ほほ肉」「テール」とオーソドックスにこれまたドッカーンicon10と入っていました。
今度来るときは「魚のココット」「野菜のココット」も食べたいから、4人にしようっとICON61  


Posted by sadaman at 01:18Comments(0)フレンチ

2007年09月05日

ノルマンディー

カキ料理を食べるならノルマンディーがお奨めだよ!って教えてもらって電話で予約して訪問、、、ところが「恐れ入ります、ご予約を頂いておりませんが・・・」とのことで愕然!
やり取りをしていたら、ノルマンディーには三条店と河原町店?のあることが判明。私はてっきり河原町店のつもりで三条店に電話予約していたようです。教えられて三条店を訪問。
結論から言えば、個人的には三条店の方がサービスが良くてお奨めできると思います☆
河原町店の方が立地条件が良くて流行っているようですが、細かいところにサービスの目が行き届いていなかったように感じています。(このドタバタが縁になってその後それぞれ2回ずつ訪問しての感想です)
お店の前の魚の看板、よくよく見たら結構グロですが、意外に目立っています♪
岩ガキ、生ガキ、etc。プリプリが食べられますよ!!
  


Posted by sadaman at 00:24Comments(0)フレンチ

2007年09月04日

ガスパール3号店へ

明後日はガスパール3号店「ド・ラ・ニュイ」へ行く予定です☆
シェ・イールに行くつもりで偶然入ったガスパール1号店へは都合5回。
2号店の「zinzin」へは3回行きましたが、3号店は初挑戦です!
ココット料理に賛否両論の噂を聞いているので、行く前からワクワクドキドキです♪
写真が撮れたらレポしますICON141  


Posted by sadaman at 00:03Comments(0)フレンチ

2007年08月07日

AILES

室町通御池下ルのレストランAILESは、日航プリンセス京都で修行をしておられた太田さんが独立して作られたお店です。
ご夫婦で思いを実現したいという点では、ボンモルソーと相通じるところがあると思います。
ただし、進んでおられる方向は少し違っているかも・・・。お客様に喜んでいただきたいという気持ちは一緒でも、それを具体化する手段が、それぞれ異なっています。
ボンモルソーの方が本場の田舎にあるフレンチ?居心地の良いお店を目指しているとしたら、AILESは少しお洒落で都会的なフレンチ、ちょっと意外性を秘めたお店を目指しているのかもしれないと感じています。
記念日のサプライズ企画はいまやかなり有名になっているので、決してサプライズではないかもしれませんが、誰でも一緒になってお祝いされたら嬉しくなりますよね!
料理は予算に応じて柔軟に変えてくださいますし、前回、どんな料理を食べたかを記録しておられるので、少し間を空けて訪問しても外れはありません◎
オマール海老やトリュフ、フォアグラなどを結構良く使っておられる気がします。
生ハムのパフォーマンスも運がよければ見ることが出来ます。お客様のプライバシーはとても大事にしてくれますし、気配りが良くて安心して仲間を連れて行くことの出来るお店だと思います。
☆レストランAILES
 京都市中京区室町通御池下ル VOICE21ビル1階
 電話:223-3322 水曜休み(ただし相談によっては開けてくださいます)  


Posted by sadaman at 00:48Comments(0)フレンチ